飲料水を確保するのはなによりも重要?

それに、災害時などは、通常と違います。
ですから、川が余計に汚れていると思います。
このような事を考えると、雨のように、川の水は沸騰させれば殺菌したとしても、飲料水になるということはありません。
(汗)そでは次に、山奥の汚染されていない川の水はどうでしょう!?そのまま飲めるところも多いと言います。
しかし、私たちの住んでいる住宅街、または都心などの川はまず無理だと考えてください。
それでは次に、水が豊富にある、海はどうでしょう?海水は、飲料水として使えるのでしょうかね?海水は、飲もうとすれば飲めます。
しかし、ご存知のように、すごく辛くてしょっぱいと思います。
(苦笑)。
ですから、飲んだ海水より、もっと多くの水を飲む必要が出てきます。
水不足で海水を飲むしかない場合は、他に飲料水がないという非常事態なので、結果的に海水を飲んではいけないということになります。
(汗)また、飲もうと思えばそれなりに手間もかかります。
(汗)ですから、災害時の時は、飲料用としてペットボトルなどの飲料水を確保しておきましょう。
そして、自然水は、飲む以外の生活水として使うようにすると良いですね。
また、水以外の果物、野菜などを食べて、水分を摂取することも水不足の状況下では覚えておきたい事ですね。
水不足は、その状況にならないと、その深刻さがわかりません。
(汗)普段からこうした水に対する知識を頭の隅に入れておくだけでも良いですね。
後はなるべく節水に心掛けましょう。
水不足にならないようにしたいですね。
(笑顔)
BLUEウォーター評判どう?水の宅配をお試し!【口コミならコチラ!】