食品衛生責任者資格取得方法とは?

食品関係の営業を行う場合、食品衛生法施工条例などに基づいて食品衛生責任者の設置が義務付けられています。
この食品衛生責任者の資格を取る方法ですが、栄養士や調理師、製菓衛生師、船舶料理士などの資格を取得している方は無条件で食品衛生責任者となることができます。
講習会の内容は、公衆衛生学・衛生法規・食品衛生学の3分野です。
この講習を受けたのちに食品衛生責任者として届け出を行う事で食品関係等の営業を行うことができるようになります。
この資格は試験ではなく講習を受けることで取得することができます。
食品衛生責任者講習等の管轄は各都道府県の衛生関連の部署もしくは保健所になります。